尿酸値を下げるにはサプリに頼るべし|一刻を争う改善

女性

心地良い安眠のために

寝具

枕の高さをコントロール

ぐっすり眠ることは、日頃の疲労回復に繋がります。睡眠は健康な身体にとって欠かせない行為です。理想の枕とは、人それぞれで違います。寝る時の姿勢は一定ではないため、どんな姿勢にも対応出来る枕が理想的です。理想の枕として評価が高い、極小のビーズと低反発ウレタンを使用したものがあります。感触としては柔らか過ぎず、スポンジのような質感が特徴です。寝返りをしてもフィット感があり、形が崩れにくいとされます。首にこもる熱を逃がし、ムレなど不快感を抑えます。理想の枕の高さは、個人によって違うため試してみないとわかりません。ビーズと低反発ウレタンを使用したものは寝ている時でも、枕の高さを調節しやすいのが利点です。熱を逃がすため、夏は寝苦しさを改善する効果もあります。

素材にこだわる

枕の素材には低反発ウレタンの他に、「ポリエステル綿」や「そばがら」などがあります。それぞれメリットとデメリットがあるので注意しましょう。ポリエステル綿は柔らかく、ふわふわなのが特徴です。しかし、ふわふわの持続は難しく長期間は保ちにくいとされます。また、そばがらは柔らか過ぎず、頭が沈みにくいのが利点です。アレルギー性があるため、購入前には確認しておくことが大切です。扱いによっては劣化が早く、素材に合わせてきちんと手入れを行うことも必要です。理想の枕を利用することで、安眠を得られ肩こりや腰痛などを改善する効果があります。また質の良い睡眠は、疲労回復しやすくストレスを溜めにくいとされます。自分に適した理想の枕を見つけて、心地良い眠りを手に入れましょう。